神奈川でエコカラットを設置する

神奈川県は関東地方の西側に位置する県の一つになります。

神奈川県の人口は日本第3位になります。そんな神奈川県に住んでいる人がエコカラットを付けるとどのように変化をするでしょうか。

共同通信社はこちらのサイトで情報公開中です。

そもそもエコカラットとは一体なんでしょうか。



これは、一言で言えば内壁材になります。

内壁材といっても今までの物とは少し違う点があります。

それは、まず調湿機能があることです。


湿気が激しい6月から7月、9月に関しては、気温もほどほど高く、カビが生えてしまう可能性もあります。そんな時に湿度を調節してくれるのがこのエコカラットなのです。

壁の内部に貼り付けることで、調湿機能を発揮するのは、昔の壁も同じでした。

ですが、大きく異なるのはそのデザインにあります。


昔の壁は、左官屋が平べったり道具で塗りましたが、立体的な模様を付けたりすることはできませんでした。

神奈川のエコカラットの最新情報が揃っています。

もし、立体的な模様を付けるとすれば、その後彫刻家を呼んで、壁にデザインを施してもらうしか方法がありません。


ですが、エコカラットの場合には、最初から模様が付いています。

もともと、工場で作成している物ですので、設置する前からすでに模様が付いています。しかも壁紙などとは違い、立体的になっているのが特徴になります。

それにより肌触りもいいのです。


ですが、一つ気をつけなければならないことがあります。
エコカラットを壁の1面だけに貼ってもほとんど調湿効果は期待出来ないことです。

4面すべてに貼って効果ができてきます。